2014年02月14日

俗の悩み

いつか本当に成長して、いつもこの世俗の悩み、歌を聞くことが好きで、悲しい歌を聞くことが好きで、疲れた時には、正確には心が疲れた時はしっかりと横たわって誰にも見つからないところによく寝など、目覚めた時、それらを忘れた悩み事を、私は1つの悲観主義者で、ある程度の上から見て、自分は理想主義者で、いつも自分に言い訳を探して無数のあれらのこれは自分の責任は多すぎるかもしれないが、その感性より少しか性だろう、かつて思ってた未来その風光自分の心の喜び、笑い、今考えるとその時の自分はとても無邪気は自信を持って、今の自分が心乱はとても乱れて、なんだか自分のいっぱいやましい事、落ち着いた毎日がこんなに難しいことか、自分が本当にそんなに風変わりですか?生活の中の自分、実習の中の自分を見つけたと生活の別の半分は自分の影を始めました移除胎記

この社会に適応する、昔の自分に慣れた自分を生活の中心、今の自分がマスター従順、忍耐を覚える、昔の自分がわがまますぎて、ただひたすらに自分の思うように仕事はいつも自分の全部とは、どんなことでも自分の思い通りにして、そうすれば自分が大きな達成感、今やっと発見して事実を遠くは私の想像するように、事実は自分は世界中の一人が、特別なものは何もない、何も生意気なことの、生活めちゃくちゃで、多くの人は自分の体に誇り、事実は彼らは知らない私は1種の気弱な方式で展示だけ自分の無能だけ、それだけだろう<
諺によると新しい年、新しい一日で、この学期の学期末には、この時の私はすでにこれを離れて私の知って4年のキャンパス、踏みこの上調子な社会になって、私もその中の一人で、今の自分はあまりにも多くの感慨があって、また一年が過ぎた。弔りになったのも一年も無駄にした一年でも、とにかくもう若くて、あれらのいわゆるすべての楽しくありません事、瘦身不愉快な思いを捨ててもすべてだろう、何が立ちはだかるのペースを、以前の自自分も一度だけのこの話を言ったことも、昔の自分はどんな約束の必要がない、人生を繰り返し、人生をやり直すできないのは、無誌の人材会長誌、ことがないと自分で入れてない、何もできない自分よりのか考えたいもっと重要なのは、決してが使えない。婚姻介紹所
人生は生きていて、慌ただしく数十載、通称ないそうで、多くの事は今ただは普通、たくさんのこと、思い出したくはない、多くのことをあまり気にしたくないたくさんのこと、したいの簡単な男の子、簡単な人生、天どうしていつこんなふざけ偏愛かいつも信じて苦心人、日に負けないで、はい、天贔屓君、寵てあなたですから、あなたがもっとしっかり把握勝つチャンスへ行くたびに、私を一度夢を自分の機会を払った以上必ず索德リターンというもの公平。あれらの誓いの言葉を持ってはいけない、どうしようも自分を慰めるを持ってはいけない、もっと今の行動に侮辱するあれらのかつての誓い。台灣集運

  


Posted by mmwen23 at 12:43Comments(0)いつ